ヘナの特徴10

 
 

1 デトックス

 
 
頭皮から吸収されたローソニアアルバ(ヘナの主成分)は肝臓を浄化し脂溶性の有害重金属添加物毒素を排出し体内浄化に。科学者アーナンダKKシングルBチャンダンビーケーが1990年2月に論文にて発表)

 頭皮の皮脂腺からの発汗を促す。頭皮は皮脂腺が全身で最も多く、顔のTゾーンの2倍以上、汗腺は手のひらや足の裏に次いで多くあり分泌量が多いのが特徴。

 

 
 

2 幸運を呼び込む

 
 
ヘナは女神ラクシュミーが最も愛した植物であり邪気から身を守り幸運を呼び込む力があると言われクレオパトラも愛用。ラクシュミーとはヒンズー教で美と幸運の女神。 
インドの結婚式では花嫁の手にヘナで綺麗な模様を描く。また妊婦はお腹にメヘンディーアートを描く。
これはお腹の赤ちゃんを邪悪なものから守り神のご加護を受けて素晴らしい子供が生まれるようにと言った願いが込められている。
 
 

 
 

3 ホルモン調整

 
 
頭皮と子宮は繋がっていると言われる。ヘナにはナフトキンが含まれていて子宮の働きや生理不順を整える働きがある。
 

 
 

4 不眠を癒す

 
 
 ヘナのローソニアアルバによって睡眠が深くなる。
ホルモンバランスを整えたり自律神経を癒して良く眠れる人も。数日間はヘナの香りが髪に残るので自然の干し草のような香りに癒される。
 
 

 
 

5 頭皮の保湿

 
 
ヘナは頭皮の炎症を抑える薬草。
ヘナには保湿効果もあり頭皮がかゆい場合やフケの防止に。
 
 

 
 

6 防臭効果

 
 
ヘナはタンニン成分が頭皮の角質・毛穴の詰まりを吸着除去。抗菌、防臭作用も。特に加齢臭の原因ノネナールを吸着。ワキや足裏に塗るとワキガや足裏のニオイの悩みも解消。
 
 

 
 

7 髪が丈夫に

 
 
本来、髪はシルクのようなツルツルな手触り。ヘナは髪の栄養になり本来の状態に戻す。
 
 

 
  

8 白髪が染ま

 
 
 ヘナは白髪を染める。自然な色に染まって色落ち無し。
 
 

 
  

9 紫外線から守る

 
 
 ヘナの発祥の地、インドは日本の約1.5倍の紫外線が降り注ぐ。
3000年も使われてきただけあり髪を紫外線から髪と頭皮を守る。
 
 

 
 

10 抜け毛が減る

 
 
ナフトキノンが頭皮の環境を整え抜け毛が減り発毛を促す。